MENU

アフターピルは、緊急時の避妊対策になるだけに、やはり強い成分が含まれています。
アイピル(i-pill)は、従来のアフターピルと比較すると、比較的副作用の心配が少ないと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

今回は、アイピル(i-pill)の危険性について、詳しくみていきましょう!

アイピル(i-pill)、本当は危険?

毎日決まったタイミングで飲み続けることで、避妊の成功率を99%実現できるのが、低用量ピル。
一方、避妊に失敗してしまった際や、望まない性交をもってしまった際などの緊急時にとても役に立つ避妊ピルが、アフターピル=アイピル(i-pill)です。

 

アイピル(i-pill)は、ほかのアフターピルと比べると副作用の心配が少ないと言われていますが、それでもはやり緊急用のピルには違いありません。

 

アイピル(i-pill)を服用すれば、ホルモンのバランスが崩れ、子宮内膜がはがれることで妊娠を阻止することができます。
例え一時的とは言っても、体内のホルモンバランスが大きく変化するため、体にも負担はかかってしまいます。

 

しかしながら、アフターピルは病院でも処方されている薬ですし、アイピル(i-pill)は、病院で処方される薬と同様の効果や安全性が認められたジェネリック医療品に当てはまるため、過剰に服用を心配する必要はありません。
用量や飲むタイミングを守っていれば、まず問題はないでしょう。

副作用が危険は本当?

アイピル(i-pill)などのアフターピルを服用した場合、

  ・吐き気
  ・頭痛
  ・倦怠感
  ・下腹部鈍痛
  ・乳房の張り

などの副作用が出るケースがあると言われています。

 

ただ、これはピルを飲むことによって、一時的にホルモンバランスが崩れて起こる現象なので、服用後1〜2日に現れ、その後すぐに治まると言われています。

 

万が一、強い吐き気からアイピル(i-pill)を吐いてしまった場合、服用から3時間経って入れば胃で消化されているため、再度飲む必要はありません。
もしそれより早い段階で吐いてしまった場合は、1錠を水かぬるま湯で再度飲んでください。吐き気を防ぐ方法としては、空腹時の服用は避け、食後に飲むのがおすすめです。

実際に服用した人の口コミ

それでは、実際にアイピル(i-pill)を服用したという人の口コミを見てみましょう。

 

緊急用に常備していたアイピルを使う日が来ました。24時間以内に服用してその後1週間で生理が来ました。普段生理の時は痛みがないのですが、やはり妙な痛みはありました。ただ、副作用というほど重い症状ではありませんでした。持っていれば安心なのかなぁと感じています。

今は低用量ピルを服用しているため、アイピルの出番はないとは思いますが、万一の時のために備えて購入しました。病院で購入したら数万かかってしまうのに、こんな低価格で安心感を買えると考えたら本当にありがたいです。友人が飲んだ時は、服用後気分が悪くなり寝たそうですが、翌日以降は元気になって体調ももとの戻ったとのことです。

リピートで購入しました。避妊効果もしっかりありましたし、何よりアイピルは副作用がまったく出ませんでした。以前、婦人科で普通の常用タイプのピルを処方してもらった時は副作用がひどくて継続できず、医師に服用を止めるように言われてしまいました。今回は副作用も全くないので、とても重宝していて助かっています。ありがとうございました。

 

口コミを見てみると、体にちょっとした変化を感じた人や、吐き気・腹痛を感じた人はいましたが、いずれもすぐに回復したよう。中には、副作用が全くなかったという人もいたので、やはり、副作用の有無はそれぞれの体質によって異なるようです。

アイピル(i-pill)の危険性!あなたは大丈夫?まとめ

低用量ピルと比べて強い成分が含まれているだけに、アイピル(i-pill)を服用する際は、はやり慎重になってしまいますよね。
でも、詳しく見てみると、その副作用は頭痛や吐き気などが主で1〜2日ですぐに治るよう。

 

副作用を心配してアイピル(i-pill)を飲まず、望まない妊娠をしてしまうよりも、少しばかりの副作用は理解した上で飲んだ方が断然よいですよね。
吐き気が出るのが心配な人は、空腹時ではなく食後に飲むなど工夫をしたらよさそうです。