MENU

アイピル(i-pill)を短時間に連続で服用したら副作用はひどくなる?

アイピル

アイピル(i-pill)は女性のための緊急用の避妊薬です。
性行為をしていれば、女性が望む望まないにかかわらず、避妊せずに性行為を行ってしまう場合があります。

 

それにコンドームの破損など、防ぎようのないトラブルも起きるわけです。
そんなとき望まない妊娠をしないための避妊薬が、アイピル(i-pill)です。

 

72時間以内に飲むと効果が期待できると言われており、24時間以内の服用なら、95%の確率で妊娠を防げるようです。
ただ薬によって、女性のホルモンバランスを意図的に変動させるため副作用もあるよう。

 

そこで今回は、アイピル(i-pill)を連続服用していいのか?
またその際起こりうる副作用について解説していきます。

そもそもアイピル(i-pill)を短時間に連続で服用していいの?

ipill

通常の常用ピルであれば、定期的に服用する必要があります。
しかしアイピルはあくまでも、緊急用の避妊薬です。

 

そのため連続での使用は避けた方がいいです。
個人差はありますが、服用後2日は出血などの副作用が続くよう。

 

2日副作用が続くということは、その間に連続で使用したら副作用も比例して強力になることは、容易に想像できますよね。
さらに緊急用ということは、通常のピルに比べて効果も高いわけです。

 

効果が高いということは、それだけ多量のホルモン成分を摂取することになるため、体への負担は大きくなります。
それを連続で使用するとなると、本来のホルモンバランスを大きく崩してしまいます。

 

性行為のたびに飲むのはおすすめできません。
万が一のときや、何かしらトラブルがあったときのみ服用するようにしましょう。
それ頼みで、毎回避妊するのは避けた方がいいです。

アイピル(i-pill)を短時間に連続で服用したら副作用はひどくなる?

副作用

アイピルを服用することで確認されている副作用は、
  ・頭痛
  ・吐き気
  ・倦怠感
  ・乳房のはり
などです。

 

これらは、意図的にホルモンバランスを変化させることによって起きるようです。

 

そして副作用が続くのは、1日?2日と言われており、その後は治まっていくようです。
つまり人の体本来の力で、正常なホルモンバランスに戻ろうとするわけですね。

 

ただ1日・2日とはいえ、ホルモンバランスを大きく変えてしまうわけです。
それも意図的に。
体にいいはずがありませんよね。

 

さらに連続で使用するとなると、体への負担が大きくなることは目に見えています。

 

緊急用の避妊薬としてアイピルを常備しておき、万が一のときのみ使用するのが賢いやり方です。
通常の性行為では、それ以外の避妊薬や避妊具を使用しましょう。

アイピル(i-pill)を短時間に連続で服用のまとめ

アイピルはあくまでも緊急用です。
そのため、それに頼った性行為はやめましょう。

 

高い効果が期待できる分、それ相応の副作用もあります。
一時的であったとしても、本来のホルモンバランスを大きく崩すことになるわけです。

 

体への負担は大変大きいです。
連続での使用は控え、いざとなったときの御守り代わりに持っておくのがおすすめです。