MENU

避妊に失敗した時、緊急措置として焼くに立つとされているのが、

避妊用のピル=アフターピル。

アフターピルは医師から処方してもらうのが一般的ですが、避妊に失敗した場合、できるだけ早い段階で服用した方がよいため、万が一に備えて、事前に購入している女性もいるよう。

中でも利用者が多いのは、通販で購入でき、なおかつ低コストで手に入る
「i-pill(アイピル)」
というアフターピル。
今回は、この「i-pill(アイピル)」の正しい飲み方について詳しくご紹介します。

i-pill(アイピル)正しい飲み方

アイピル,i-pill,飲み方,間違い


アフターピルには、

「ヤッペ法」「ノルレボ」

の2種類があり、
それぞれ飲み方が異なります。

ヤッペ法は、性交後72時間以内に2錠飲み、その12時間後に再び2錠服用する必要があります。


一方、ノルレボは性交後72時間以内に2錠飲むだけでよく、副作用の心配がヤッペ法よりも少ないのが特徴です。

いずれも、“72時間以内”というのは共通。
これは、卵子に精子が到着し、受精して着床することを防げるギリギリの時間だと言われています。

アイピル,i-pill,飲み方,間違い


「i-pill(アイピル)」は、
このノルレボにあてはまります。
しかも、「i-pill(アイピル)」には、一般的なノルレボ2錠に含まれる成分を1錠に凝縮さているので、
1錠服用するだけでよいという点も特徴です。
そのため、「i-pill(アイピル)」は、
性交後72時間以内に1錠飲むのが、
正しい飲み方。

ただ、ある臨床実験の結果から、
24時間以内に服用した場合、
95%
という高い避妊効果が認められているので、
出来る限り早い段階で服用する方がよさそうです。

ちなみに、72時間以内に服用した場合の避妊効果は、75%と言われています。
また、「i-pill(アイピル)」は薬なので、服用する際は、水か白湯で飲むのも重要なポイントです。

i-pill(アイピル)の飲み方でよくある間違い

アイピル,i-pill,飲み方,間違い


「i-pill(アイピル)」の飲み方で
よくある間違いは
2つのケースに分けられます。

1つは、ヤッペ法と混合し、
間違って72時間以内と服用後2時間後の2度服用してしまうケース。

もう一つは、一般的なノルレボ商品と間違って、
1回につき2錠を服用してしまうケースです。

いずれにしても、これでは
摂取量をはるかに超えた量を服用してしまうことになります。ただでさえアフターピルは強い薬なので、服用するタイミングや回数、量は間違えないように気を付けてください。
また、まれにアフターピルを避妊の主なアイテムとして考えてしまっている人もいるよう。
先ほども説明した通り、アフターピルは強い薬になるため、体にかかる負担もそれだけ大きくなります。
アフターピルはあくまでも緊急時の避妊薬なので、乱用したり常用するのは避けてください。

i-pill(アイピル)の飲み方の注意点

アイピル,i-pill,飲み方,間違い


妊娠を望んでいない場合、避妊に失敗してしまったら、精神的にも身体的にも、そのダメージはとても大きなもの。それが危険日となればなおさらです。
「望まない妊娠はしたくない!」
そんな思いから、つい決められた用量以上の量を服用してしまいたくなりますよね…。
でも、量をたくさん飲んだからといって、避妊の効果が高まるということはありません。
通常の薬に比べてアフターピルの成分は強いので、かえって体に深刻な影響を与えてしまうだけ…。
服用の前は冷静になり、決められた量を服用してください。

<服用できない人>


○妊娠中の女性
アフターピルを服用すると、女性ホルモンの分泌などがコントロールされ、数日で生理の症状が引き起こされるようになります。
アフターピルを服用することで、直接的な胎児への影響はないとされていますが、妊娠中の女性は、通常よりも女性ホルモンが過剰に分泌されている状態なので、母体に悪影響を与える場合がるようです。

○子宮体がんや高血圧、糖尿病、偏頭痛の持病がある人、肥満の人、手術後または手術予定の人

○何らかの病気や疾患で治療中の人

○35歳以上でヘビースモーカーの人
ピルには、血液を凝固させ、血栓を作る副作用があります。そのため、心臓や循環器系に影響を与える可能性があり、喫煙者や高血圧などの人は慎重に服用する必要があります。そのため、必ず服用前に、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

いかがでしたか?

アイピル,i-pill,飲み方,間違い


緊急用の避妊薬「i-pill(アイピル)」を常備していれば
病院に行く時間をカットでき、より早いタイミングで服用することができるため、
その分、避妊の確率を高めることはできます。
そのため、いざという時にはとても頼りになるアイテムです。

しかし、
「手元にアフターピルがあるから…」
という安心感から、本来の避妊をきちんとせず、アフターピルを避妊のメインアイテムとして使うのはとっても危険です。
「i-pill(アイピル)」は、アフターピルの中でも副作用の心配や体への負担が軽いとされていますが、あくまでも“緊急時のアイテム”という認識を持って、使用してください。 「i-pill(アイピル)」の金額や購入方法など、詳細は下の公式サイトをご覧ください。