MENU

  ピルは正しい使用方法であれば99%、つまりほぼ隔日に避妊することが出来る素晴らしいお薬なのですが実はピルは全ての女性が飲めるわけではないのです。ピルを初めて飲む人には飲んでも大丈夫か一度確認をしておきましょう。
ではピルを飲んでは行けない条件に当てはまる3つをご紹介していきます。

血栓症とガンを持っている人はピルを飲むと病気が悪化する?!

女性ホルモンの一つ、エストロゲンが関わっている癌の疑いのある人はピルを飲むことが出来ません。 具体的な病名で言うと、乳がん、子宮癌(特に子宮頚癌)がこれにあたります。 また癌ではなくても、子宮筋腫もエストロゲンが関わっているためダメとなります。
女性特有の病気、子宮に関わる病気を持っている人は飲めない可能性があるというわけですね。 また服用する人でも定期的に子宮癌の検診(細胞診)を受けることをオススメします。 去年までちゃんと検診して異常がなくても、病気というのはいつの間にか できているものです。いざ困ったときにピルが飲めないのが発覚する前に 定期検診や、時間がない人も最低でも飲む前に検診してもらいましょう。

つづいて血栓性のものがある人、こちらもピルを服用すると危険です。
ピルの成分の一つのエストロゲンは血液を固まりやすくする作用 (血栓を作る作用)があります。 そのため血栓性がある人が飲んでしまうと症状を悪化させてしまう可能性があるため 飲むことが出来ません。(病名としては、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患)。 また手術やお産の後の人や長期安静の人も血が固まりやすくなりますの飲めません。

その他重症の肝障害、肝腫瘍のある方、 脂質代謝異常、重度の高血圧、『抗リン脂質抗体症候群』『耳硬化症』の方 原因不明の不正性器出血のある方もピルを飲めません。

意外な生活習慣がピルを飲めない原因になることもあります!

ピル,飲んではいけない,服用,通販,即日

 

意外と知られていないことですが、タバコも血栓症の上げるので、 『35歳以上で1日15本以上の喫煙者』のかたには処方できないのです! 禁煙すれば飲めますので、この際体の事を考えて禁煙してみてはいかがでしょう。

妊娠中・その可能性がある場合はピルを飲むことが出来ない

ピル,飲んではいけない,服用,通販,即日

妊娠していたり、妊娠している可能性のある人も飲めません。 あとは、授乳中の人も飲むことが出来ないので注意しましょう。 妊娠中に黄疸、持続性掻痒症が現れたことのある人、 妊娠ヘルペスの既往のある人も飲めません。。

ピルを飲むことが出来ない要注意レベルはこんな人

やっぱりここでも血栓と癌が別れ道になります。 簡単にいうと、『処方できないほどひどくないけれど、 血栓を作り易かったり、癌になる可能性が通常より高いところにある人のことです。

具体的には40歳以上の人、 乳がんの家族歴のある人、乳房にしこりのある人、 喫煙者、肥満、家族に血栓症にかかったことがある人がいる人、 軽い高血圧(妊娠中高血圧も含む)、 糖尿病またはその疑い、軽い肝障害のある人、 心臓、腎臓の病気を昔患った人はほぼ飲まないほうがいいでしょう。
以上、ピルを飲んではいけない人をまとめてみました。 ご自身に当てはまるところはありませんでしたか? 知らないとピルを飲んで避妊どころか自分の健康を損なう可能性が あるので危ないですよね。